ライカ(Leica)高く売る

ライカ(Leica)をできるだけ高く売る秘策

ライカ(Leica)のカメラを数台持ってる方でできるだけ高い金額で売りたいと考えるなら
以下の方法を是非トライしてみてください。

 

ライカ(Leica)の売り方を検討しよう

 

ライカ(Leica)を売るシーンとして、「買い替え」と「単純に売却」のどちらかです。
ライカのコレクターさんも多くいますが、そろそろデジタル一眼へすべて買い替えしたいと考える方や
今までずっとライカを集めてきたけど、引越し・結婚・その他何らかの理由により、ライカ(Leica)を全て売却するという方もいるでしょう。

 

もしも、買い替えを検討されてるなら、
持ってるライカ(Leica)の下取りを検討してみてください。

 

店舗アリな中古カメラ店なら大抵のお店は下取りしてくれます。
ライカ(Leica)を売って他の欲しいカメラを買うという作戦です。

 

下取りと買取と両方で検討するのがベター

 

買い替えであったとしても、下取りオンリーで検討するのではなく、
できれば単純に買取してもらった場合と下取りの両方で検討し、条件が良くなる売り方を採用しましょう。

 

下取り利用の手順

 

まずは単純に買取を利用する場合の買取金額を調べることからはじめましょう。
最初に買取価格を調べておき、次に下取りで売った場合の金額を比べることで、どちらが負担が少なくなるか比較します。

 

もちろん、下取り利用する店での買取査定ではなく、他の店で買取査定してもらいます。
ライカ(Leica)の買取価格を調べるなら、評判の良いお店を使ったほうが良いので、トップページのお店を使ってみましょう。

 

下取り利用を考える店へ売りたいライカ(Leica)を持って行き、

 

「コレを売って○○のカメラを買いたい。」

 

持ち出しがいくらになるのか尋ねましょう。

 

事前に調べておいた単純に買取利用した場合の金額を比べ、有利なほうを使えばOKです。

 

単純に買取を利用する場合

 

ライカ(Leica)を買い替えするのではなく、単に売却だけ考えてるケースです。
その場合は「売り先選び」と「最終交渉」が肝となります。

 

古いライカ(Leica)を売る場合

古いライカ(Leica)を売る場合ですが、さすがにボディ・レンズともに状態が完璧というケースは少ないはずです。
M型ライカとなれば数十年前のカメラとなります。

 

その手のカメラでも売ることは十分可能ですが、買取価格は思ったほど付かないことも多いです。

 

業者への売却だとイマイチ値段つかなということで、個人売買を考えるのも悪くはないのですが
古いカメラだと上述したように程度の問題が発生してきます。
個人だと変なクレーマー的な人もいるため、古いカメラの個人売買はそれなりのリスクがあります。

 

カメラやレンズの状態判断はあくまで主観となってしまうため
経年劣化の傷や汚れも人によって感じ方はそれぞれです。

 

こういった点から、古いライカの個人売買はちょっと・・・と考えるのが無難かもしれません。

 

数社のライカの見積もり結果を比べる

 

ライカ(Leica)の買取査定はネットから行うことができるため
いくつかの店で見積もりしてみます。そのなかから高い金額を提示してくれた店へ直接交渉しましょう。

 

直接交渉の注意点

 

ネット査定は幅があることもありますし、
あくまで本査定してみないと最終の買取金額は不明となってることが多いです。

 

そのため、「最終の買取金額については○○○円以上〜の保障とかってありますか?」と
聞いておき、最終の価格交渉を行ってください。

 

上述したように古いライカだとカメラの状態判断が難しいため
買取価格にブレが生じるケースがあります。

 

お店へ送ってみたら高くなったということなら大歓迎ですが
ほとんどその可能性はありません。むしろ、安くなるリスクがあります。

 

そのため、○万円以上の買取保障というのを聞いておきたいところです。
仮にその金額を下回るようなら、売却自体をキャンセルするということを伝えておきましょう。
そうすればその金額が実質的な最低保証として買取してくれることになります。

 

もしも送ってみたら「状態が悪すぎて保障金額未満になります」となれば、
キャンセルし送料無料で返品してもらいましょう。

 

その場合は他店へ同じ要領で売ればOKです。

 

状態が悪いということで、どこへ売っても同じようにライカ(Leica)の買取価格が下がるかも!?と思うかもしれませんが、
意外とそうでもないのがカメラの買取なんです。

 

お店によって状態判断の基準が異なるため、A店では評価が悪いと判断されても、B店では普通と評価されることがあるのです。